« 第67回 阪神ジュベナイルF やっぱり芦毛! | トップページ | 第67回 朝日杯FS  ベストカップル! »

2015年12月15日 (火)

第67回 朝日杯FS 2つの闘い。

2_2

2

阪神JFで02番 1着

だから、朝日杯FSでは 16番 ?

ま、それもあるかもしれない。

果たして、そんなに簡単だろうか?

------------------------------

若き主役を決める、2つの闘い。

プリンシパルスター

プリンシパルステークス
プリンシパルは、「最も重要な人」「主役」を意味する英語。バレエ団において主役クラス
のダンサーを指す言葉としても知られている。
 
主役
も持っている、しかし、回避。

前日のひいらぎ賞かどこかで使うようです。

それこそが、2つの闘い。

------------------------------

阪神JF と 朝日杯FS この2つのレース。

明らかにセットレースということは誰もが疑わないところ。

Jf

ちょっと分かりづらいかもしれないが、

「の」を「に」に替えてみれば、

未来(フューチュリティ)にプリンセス、出走!

登録しているプリンセス(牝馬)はコパノディール

誰もが意味わからない、違和感満載の出走登録。

プリンシパルスターとラヴアンドポップが回避予定で出走可能。

朝日杯FSの新聞広告が過去(阪神JF)を振り返るよなモノなら、

それはそれは面白い。

------------------------------

Photo

芦毛の登録馬が居ないからと言って、無視はできない。

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村


サイン競馬 ブログランキングへ

|

« 第67回 阪神ジュベナイルF やっぱり芦毛! | トップページ | 第67回 朝日杯FS  ベストカップル! »

朝日杯FS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586946/62869026

この記事へのトラックバック一覧です: 第67回 朝日杯FS 2つの闘い。:

« 第67回 阪神ジュベナイルF やっぱり芦毛! | トップページ | 第67回 朝日杯FS  ベストカップル! »