« 第59回 有馬記念  脱・サイン読み!? | トップページ | 第59回 有馬記念 歴史に残る名馬 »

2014年12月28日 (日)

第59回 有馬記念 ウルトラの父の名はウルトラ万券!

Photo_11

やっぱり、どう考えてもこの人選(マン選)が不可解。

まぁいいや、何をやるのか知らんが、当日はウルトラの父の日だ。

------------------------------

掲示板の書き込みより。

投稿者:サケダイスキ 投稿日:2014年12月25日(木)10時12分30秒

獲れないくらいとんでもなく荒れる有馬記念だと思います。

ファン投票の画像は燃えているし。
悲壮感漂うCMはとってもハッピーエンドでは終わらないと思うし。

村民海豚さんがUPされた
プレミアムレセプションパーティーでの武豊の挨拶。
「歴史に残るレースになるように約束します」

どの馬が勝つか知らんけど、
とってもここを勝った所で歴史に残るような馬は見つからない。
歴史に残るレースと言っているのだから、それは馬でなければ配当だと思う。

イベントのウルトラマン =ウルトラ級!

28日(日)は ウルトラの父

Photo
ウルトラの父の名は、
ウルトラマンケン


ウルトラ万券!

歴史に残るウルトラ級の万馬券!

枠連7-7 や 7-8 に 夢など託せない。

------------------------------

枠順公開抽選

1番手のジェンティルドンナ 石坂調教師はなぜ?2枠04番を選んだのか?

04番ジェンティルドンナ で無ければ、 4番目に注目ってことか。

注目の4番目トーセンラー武豊

1枠01番です。

1枠01番で1着。

そろそろ来ると思って、

次来たら、1かなって

枠順確定後の武豊のコメント

「見事に全馬が希望の枠に入って本当に良かった。」(2回言った)

しかし、希望通りで無い馬が2頭

14番目の川田エピファネイアは、7枠or8枠の選択肢があった。

しかし、8枠2頭、ジャスタ、オーシャンは8枠しか残されていなかった。

更に、作為があるとすれば、
今回の枠順抽選がドラフト制で行われることが発表された後、
武豊が周囲に自分は01番を選ぶと言っておけば、
恐れ多くて誰も01番など選ばないだろう。 
ま、そんなことは無いが。

1番にあたっても(1番を)引こうと思っていました。

Photo_3

肝心な「なぜ01番」なのかはコメントが無かった。

トーセンラー
2011年 菊花賞    1枠01番 蛯名正義 3着
2013年 天皇賞(春) 1枠01番 武豊    2着

特に験がいいポジションとも思えない。

------------------------------

Photo_2

何故か2頭とも白い帽子。

60番、50番

------------------------------

Memorial_book Memorial_book23p

12月27日、全国の競馬場、ウインズで配布されたMemorial Book

蛯名正義、武豊、福永祐一

------------------------------

夢を託す。

◎1枠01番トーセンラー 武豊
〇8枠16番オーシャンブルー 蛯名正義
▲8枠15番ジャスタウェイ 福永祐一
注1枠02番ヴィルシーナ

△4枠08番メイショウマンボ
△2枠04番ジェンティルドンナ
△6枠11番サトノノブレス

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村


サイン競馬 ブログランキングへ

|

« 第59回 有馬記念  脱・サイン読み!? | トップページ | 第59回 有馬記念 歴史に残る名馬 »

有馬記念」カテゴリの記事

コメント

サケダイスキさん、こんばんは。

いつも興味深く拝見させていただいております、シービークロスと申します。

自分もサイン読みに嵌って、かれこれ三十年近くになりますが、この有馬記念もJRAに翻弄されて終わってしまいました。

しかし、終わったレースには正解が示されている訳ですし来年も競馬は続いていくわけですから、検証は不可欠だと思っております。

今回の有馬記念の布石は、まず阪神JFにありました。
6番に菅原調教師、14番に高倉騎手の配置です。

この時、これは有馬記念の予告では?と思いましたが次走、朝日杯FSの2、3着番で使用されてしまい抜かったと思いました。

そして有馬記念、うまレター、レープロ、フェイスブックのハーツクライで、まんまとやられてしまいましたが、答えはハーツクライ産駒ではなく、その2、3着番の6番、14番そのままで、二度付け禁止の掟破り。
やはり、健さん、文太さんは義理堅かったんですねぇ。

ハーツクライは、ドバイシーマC勝ちのジェンティル示唆だったんですね。

優駿付録の年賀ハガキ、有馬ではディープ4番、オルフェ6番、ウオッカは牝馬のJC勝馬でした。

1月号表紙の右上、付録カレンダーの写真、ワンアンドオンリー2枠、ディープ14番、オルフェ6番での示唆でした。無駄な写真は載せないってことですね。

ウルトラ有馬記念、6頭の馬番は0、1、2、3、5、7で、4と6がありませんでした。
無い馬番が正解であり、ドラフトの1位指名とかぶった訳ですから、素直に買うべきだったと先にたたない後悔を肴に苦い酒を呑んでおります。

小倉でコロッケ。去年の結果とソックリな有馬記念でした。

今年のトレンドは、リベンジだと思いウマイハナシのダイユウサクの5枠、ウインバリアシオンで美酒の予定が捕らぬ狸のなんとやら。

懲りずに明日の東京大賞典、今年2度目の来日デザーモから、6番、14番の3連単1点で今年最後の夢をみようと思っている次第です。

長文、失礼いたしました。 よいお年をお迎えください。

投稿: シービークロス | 2014年12月28日 (日) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586946/60873915

この記事へのトラックバック一覧です: 第59回 有馬記念 ウルトラの父の名はウルトラ万券!:

« 第59回 有馬記念  脱・サイン読み!? | トップページ | 第59回 有馬記念 歴史に残る名馬 »