« 第48回 スプリンターズS 新潟で、会いましょう。 | トップページ | 第60回 産経賞オールカマー  新潟 »

2014年9月23日 (火)

第48回 スプリンターズS  凱旋門賞から

ローズS
投稿者:サケダイスキ  投稿日:2014年 9月18日(木)22時23分14秒     返信・引用
エマズウイッシュ物語

エマズウイッシュ物語では9月21日のローズS、ラストエンプレスの完勝とある。
9月21日は今年を証明している。

勝ったのは桜花賞馬ラストエンプレス。

ラストエンプレスは誰か?

今年の桜花賞馬はハープスター
しかし、そのハープスターは凱旋門賞へ。

エマズウイッシュは桜花賞2着、
桜花賞2着は、レッドリヴェール

レッドリヴェールか?
違う!桜花賞2着のエマはローズSには出ていない。

物語でのオークスは、

5枠10番エマズウイッシュ  1着
6枠11番ラストエンプレス  2着

隣接目

今年のオークスは、
5枠09番ヌーヴォレコルト 1着
5枠10番ハープスター   2着

隣接目のゾロ目

物語では隣接目、今年の実レースではゾロ目。
それは、同枠にて経験を共有するため。

ヌーヴォレコルトはハープスターと同居し1、2着することで今までの経験を共有。

ハープスターは札幌記念で古馬を相手に勝利する有馬のエマを演じた。

ならば、今年のローズSは桜花賞馬ラストエンプレスこと、
桜花賞馬ハープスターの要素を共有したヌーヴォレコルトではないだろうか。

------------------------------

掲示板での予想

ローズS

ヌーヴォレコルトが勝利すればハープスターへの期待も高まる。
G1馬に期待。

◎3枠06番ヌーヴォレコルト
〇7枠14番レッドリヴェール
▲6枠11番サングレアル
△8枠17番プリモンディアル
△5枠09番ディルガ
△4枠07番アドマイヤビジン

------------------------------

セントライト記念

先週の京成杯OHでG1馬のいた3枠05番
7枠13番横典の除外

◎3枠05番イスラボニータ
〇7枠13番ワールドインパクト
▲8枠16番トゥザワールド
△1枠01番ラングレー
△2枠04番ショウナンラグーン
△5枠09番ヨッヘイ

------------------------------

第32回 ローズS
1着:3枠06番ヌーヴォレコルト   2人気
2着:2枠03番タガノエトワール 15人気
3着:8枠16番リラバティ       9人気
枠連:2-3 3,240円
馬連:03-06 21,060円

第68回 朝日杯セントライト記念
1着:3枠05番イスラボニータ   1人気
2着:8枠16番トゥザワールド   2人気
3着:7枠14番タガノグランパ   10人気
枠連:3-8 220円
馬連:05-16 250円

ヌーヴォレコルト 複勝:120円
イスラボニータ  複勝:110円

馬券を買っていたら複勝だけでは済まない。
紐抜け、トリガミ。
今週は「見」で正解だった。

------------------------------

オークス馬(ヌーヴォレコルト)こんなところで負けられない!
皐月賞馬(イスラボニータ)こんなところで負けられない!

共に1番人気、1着。

ダービー馬(ワンアンドオンリー)こんなところで負けられない???

誰もが思うとき、神様は意地悪をする。

しかし、酔っ払いの考えている勝手なストーリーでは、
ここで勝って菊花賞には人気で出てきてもらいたいと思っている。

果たして、どっちだ?

------------------------------

さて、今週
928

このゲスト釈由美子がさっぱり分からない。
メインは牝馬のレースではない。

閃くものが無い。

黒いシャツが気になるが.....

------------------------------
928_2

7928

------------------------------

    

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村


サイン競馬 ブログランキングへ

|

« 第48回 スプリンターズS 新潟で、会いましょう。 | トップページ | 第60回 産経賞オールカマー  新潟 »

スプリンターズS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586946/60353138

この記事へのトラックバック一覧です: 第48回 スプリンターズS  凱旋門賞から:

« 第48回 スプリンターズS 新潟で、会いましょう。 | トップページ | 第60回 産経賞オールカマー  新潟 »