« 歴史の証人になる | トップページ | 第55回 宝塚記念 華麗なる夢を描け。 »

2014年6月24日 (火)

第37回 帝王賞 (JpnI) 帝王は、ひとりでいい。

第19回ユニコーンS
1着:6枠11番レッドアルヴィス 3人気
2着:8枠15番コーリンベリー  4人気
3着:2枠04番バンズーム    7人気
枠連:6-8 4,310円
馬連:11-15 8,130円

第21回函館スプリントS
1着:3枠03番ガルボ        8人気
2着:6枠10番ローヴティサージュ 6人気
3着:6枠09番クリスマス      4人気
枠連:3-6 8,310円
馬連:03-10 27,340円

惨敗

掲示板への投稿
単勝 1.3倍 02番アジアエクスプレス  12着
単勝 1.6倍 02番ストレイトガール   11着

圧倒的1番人気馬、惜しくも3着どころかまさかの2桁着順。

神様は何故こんなことをしたのか?
ファン投票1位は、唯一無二の存在。

02番唯一無二 横山典弘
この馬番を疑心暗鬼にするため。

宝塚記念、もう始まっている。
連動必至なら帝王賞から狙ってみるか?!

明らかな不自然は買い!

------------------------------
第37回 帝王賞

1枠01番オオエライジン   下原理
2枠02番ニホンピロアワーズ 酒井学
3枠03番キスミープリンス  坂井英光
4枠04番ソリタリーキング  福永祐一
5枠05番ゴールドパシリスク 的場文男
6枠06番シビルウォー    内田博幸
6枠07番コパノリッキー   田辺裕信
7枠08番サイレントスタメン 金子正彦
7枠09番ムスカテール    岩田康誠
8枠10番ワンダーアキュート 武豊
8枠11番グランシュヴァリエ 永森大智

宝塚歌劇は100周年。

02番ニホンピロアワーズ 馬主:小林百太郎

創始者:小林一三
01と03の強調02番

宝塚100周年
:百太郎

37
帝王は、ひとりでいい。

明らかに複数を意識したコピー。

複数とは、?

1992年 第15回 帝王賞
1着:1枠01番ラシアンゴールド 蛯名正義
1着:2枠03番ナリタハヤブサ  横山典弘

1着同着、ひとりでいいは二人はいらないってこと。

蛯名、横山いなければ、1枠or2枠or01番or03番?

やっぱり、02番は怪しい。

しかし、素直に8枠10番ワンダーアキュート も
10

------------------------------

掲示板の書き込みより

ユニコーン
4枠07番母の父トウカイテイオー

ジョッキーの愛称募集キャンペーン 新愛称発表!
Photo

07番コパノリッキー

リッキーは人名の愛称  コパノ勝負服
8

 
さて、気になる結果は?

いたー!!!

大井の帝王

的場だ!

Photo_2


~ボンネビルレコードと思い出の1枚を!~
☆ ボンネビルレコード号との記念撮影!

2007年 第30回帝王賞
1着:8枠14番ボンネビルレコード 的場文男


これも、的場だ!

4枠04番ソリタリーキング  福永祐一
5枠05番ゴルドパシリスク 的場文男
6枠06番シビルウォー    内田博幸

------------------------------

6月24日第4回優駿スプリントSIII  16頭立て
1着:4枠08番アピア          1人気
2着:6枠11番バーンザワールド  14人気
3着:5枠09番マルモリロイヤル   3人気

前日オッズ
5枠05番ゴールドパシリスク 11番人気

前日14人気の2着は、帝王賞11番人気を買い難くしているのか、
買い易くしているのか?

◎6枠07番コパノリッキー
〇2枠02番ニホンピロアワーズ
▲5枠05番ゴールドパシリスク
△8枠10番ワンダーアキュート

〇からも押さえる。

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村


サイン競馬 ブログランキングへ

|

« 歴史の証人になる | トップページ | 第55回 宝塚記念 華麗なる夢を描け。 »

帝王賞」カテゴリの記事

コメント

本日発売の優駿7月号の55ページにヒントがある。 因みに、付録のDVDは、グラスワンダーVSスペシャルウィークだ!今年の宝塚記念は、ダービー馬はいない。

投稿: 微妙 | 2014年6月25日 (水) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586946/59869622

この記事へのトラックバック一覧です: 第37回 帝王賞 (JpnI) 帝王は、ひとりでいい。:

« 歴史の証人になる | トップページ | 第55回 宝塚記念 華麗なる夢を描け。 »