« 第74回 菊花賞 解読その2 | トップページ | 第74回 菊花賞 予想 »

2013年10月19日 (土)

第74回 菊花賞 解読その3

そもそも何故メイショウマンボ武幸四郎が2冠を制したのか?

うまレター
クラシック二冠&天皇賞(春)優勝馬
ファーム レポート:ミホシンザンのふるさとを訪ねて。

ミホシンザン、皐月賞、菊花賞(クラシック2冠)
さつき賞馬ロゴタイプ、ダービー馬キズナ、桜花賞馬アユサンの出走予定が無ければ、
オークス馬メイショウマンボ武幸四郎の2冠が予定されていたことが分かる。

では、菊花賞はどうなる?

春クラシック

桜花賞:C.デムーロ
皐月賞:M.デムーロ

オークス:武幸四郎
ダービー:武豊

同じ様なことはヤル!
しかし、2/2になる同じことはやらない。とすれば、

秋華賞:メイショウマンボ   武幸四郎
菊花賞:マジェスティハーツ 武豊

これは考え難い。

メイショウマンボ武幸四郎が正規の2冠馬なら、
武豊の2冠は無い。

同じでは無い、同じ様なこと。

ダービー:キズナ絆
菊花賞:バンデ絆

変則2冠、これしかない。

ミホシンザン
皐月賞
1着:5枠13番ミホシンザン
2着:4枠09番スクラムダイナ
3着:3枠05番サクラサニーオー

菊花賞
1着:6枠12番ミホシンザン
2着:5枠11番スダホーク
3着:7枠15番サクラサニーオー

天皇賞(春)
1着:6枠06番ミホシンザン
2着:5枠05番アサヒエンペラー
3着:7枠08番スダホーク

全て5枠が連対、偶然か?

また、プレイバック 天皇賞(秋)では、

積み重ねてきた多くの悔しさが、より美しく秋の盾を輝かせた。

諦めないで挑戦し続けること。
それも大人の男の美学である。

松田大作:キャリア17年目
Photo

JRA重賞未勝利、79連敗中。
80回は今年のテーマではないか!

菊花賞出走騎手の中で唯一重賞未勝利騎手であり、
他の17人は全てGIタイトルを手にしている。

初重賞勝利が夢のGIタイトル!

夢を掴むそのゲートが、
今開かれる。

Gidream

感動的な涙する菊花賞が待っている。

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村

|

« 第74回 菊花賞 解読その2 | トップページ | 第74回 菊花賞 予想 »

菊花賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586946/58411293

この記事へのトラックバック一覧です: 第74回 菊花賞 解読その3:

« 第74回 菊花賞 解読その2 | トップページ | 第74回 菊花賞 予想 »