« 第148回 天皇賞(秋) その1 | トップページ | 第148回 天皇賞(秋) 完全解読その2 »

2013年10月24日 (木)

第148回 天皇賞(秋) その2

【天皇賞・秋】ダークシャドウ、側溝にはまり負傷…出走微妙に
天皇賞・秋に出走予定のダークシャドウが22日朝、美浦トレセンで外傷を負い、
出走が微妙になった。アクシデントが起きたのは南D(ダート)コースでの調教中。
G1出走予定馬の特殊ゼッケンを着用した同馬は、向正面に差し掛かったところで突然、
約1メートル20の内柵を跳び越え、柵のすぐ脇にある排水用側溝に後肢がはまり込んでしまった。
スタッフらの手ですぐに救出されたが、その際に暴れて後肢などに外傷。
橋本助手は「軽度の擦り傷。大事には至っていない」と軽症を強調する一方で、「痛みがありそう。
出否は協議の上、あす(23日)発表します」と慎重に話した。

競馬場ではレース中に柵を跳び越えるアクシデントがしばしば起きているが、
トレセンでは極めて珍しい。美浦のベテラン調教師は「柵にぶつかって転倒する事故はあったが、
柵を跳び越えた馬なんて見たことがない」と語った。

結局ダークシャドウは回避、明らかにサインと分かる出来事。

ミルコ・デムーロ 騎手免許1次試験で不合格
来年度のJRA騎手免許1次試験の合格発表が17日午前に行われ、
外国人騎手として初めて受験したミルコ・デムーロ騎手(34=イタリア)は不合格となった。

デムーロは「一生懸命やったつもりでしたが、このような結果になりました。
今後のことはまだ分かりません」とコメントした。

JRAでは来年度の騎手免許試験を外国人騎手にも開放。
「日本のジョッキーになることは僕の夢」と
“移籍”に強い希望を持つデムーロは外国人騎手合格第1号を目指して9月2日に単身来日、
日本語や日本の競馬関係の法律など勉強を続けてきたが、残念な結果となった。

今後は26日から12月24日まで短期免許で日本で騎乗予定。
27日はエイシンフラッシュでG1天皇賞・秋の連覇を目指す。

H
ウイニングランを終えた直後、メインスタンド前の馬場で下馬し、
天皇・皇后両陛下に対し跪座の形で最敬礼を行った。
なおこの最敬礼は後検量前の下馬ということで審議対象となったが、不問とされた。
(wikipediaより)

審議対象と言っているが、
元々このシーンはヘヴンリーロマンスと同じく、使用する予定だったはず。
Photo_2

そして、昨日。

【地方競馬】フジノウェーブが死去
2007年JBCスプリント(Jpn1)などを制したフジノウェーブ(牡11)が23日、
手術中の不慮の事故により死去した。通算成績は59戦23勝。

地方所属馬唯一のJBC競走制覇を達成したほか、
南関東では初となる同一重賞(東京スプリング盃)4連覇や11歳での重賞制覇など
数々の金字塔を打ち立てた。
9月に引退し、誘導馬デビューに向け、23日に去勢手術。
しかし、麻酔から醒め転倒し、左ケイ骨開放骨折。そのため安楽死処分となった。

訃報を受け、高橋三郎調教師は「誘導馬として期待された矢先のことで残念でならない。
9年間、厩舎や関係者を盛り上げてくれたことは決して忘れません。安らかに眠ってください」と話した。

これで、大体の方向は見えてきた。
出馬表が発表されると全ては明らかになるはずだ。

------------------------------

さて、早くから放映されていたTVCM、気になる3強と他の馬。

気になるフレーズ。

> 「全治6ヶ月の悔しさ」

春の天皇賞を勝ったのはサンデーレーシングの、フェノーメノ。
それ以来、重賞を勝てないサンデーレーシングの馬達。
春の天皇賞から、ちょうど6ヶ月。
完治したならサンデーレーシングは恐い。
(これは某掲示板でオジーさんに教えてもらったこと)

> 僅か3歳で天皇賞を勝つなんて

ジェンティルドンナ

荒れそうだから買いたくは無いが。

3歳馬、コディーノ、レッドレイヴンも軽視出来ない。

画像からは、
Tvcm
閃光か?
こいつも3強のうちの1頭。

3強の残り1頭トウケイヘイローはCMからは出てこないが、facebookより
Facebook
このウオッカ(=武豊)、ディープインパクト(=武豊)は明らかにおかしい。

これで、3強全て出そろった訳だが、荒れると読んでいるのだから、
穴馬を1頭!

Tvcm_2

これは、ゴルゴ13の仕業か?
ヒットザターゲット!
このCMが放映されて直ぐに京都大賞典を勝利。
これで使用済みの出涸らしっぽいが、
それはあのゴールドシップに勝利したという表の理由を作っただけ。

是非、13番に入ってほしいし、

爆発する天皇賞であって欲しい。
Photo_3

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村

|

« 第148回 天皇賞(秋) その1 | トップページ | 第148回 天皇賞(秋) 完全解読その2 »

天皇賞 秋」カテゴリの記事

コメント

17頭立 ディープインパクトの春天 ⑦⑪①で勝負します

投稿: ゆきちゃん | 2013年10月24日 (木) 19時14分

ヘッドライン 【激突】は、出世作としてあたしら映画ファンには常識なんですが、爆発、ウルトラマンバトルからの流れを鑑みた時、スピルバーグが、浮上します。

投稿: | 2013年10月24日 (木) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586946/58443700

この記事へのトラックバック一覧です: 第148回 天皇賞(秋) その2:

« 第148回 天皇賞(秋) その1 | トップページ | 第148回 天皇賞(秋) 完全解読その2 »