« 第54回 宝塚記念 解読その2 | トップページ | 第54回 宝塚記念 解読その4 枠順決定 »

2013年6月17日 (月)

第54回 宝塚記念 解読その3 危険な人気馬

危険な人気馬 ゴールドシップ

テレビCM:ビワハヤヒデ
Tvcm2

ビワハヤヒデ  → ゴールドシップ
芦毛、菊花賞馬   芦毛、菊花賞馬
  ↓           ↓
宝塚記念 1着    宝塚記念 ?着

 
3冠オルフェーヴル → 3冠ゴールドシップ
天皇賞(春)凡走       天皇賞(春)凡走
   ↓           ↓
宝塚記念 1着     宝塚記念 ?着

しかし、今年のテーマは、「ダービー」。

去年のダービー、1番人気ワールドエース 福永祐一 4着
その罪の贖罪か今年はG1どころか重賞すら勝たせて貰えない

2番人気 ゴールドシップ 内田博幸 5着
天皇賞(春)圧倒的1番人気も、罪の償いで5着

では何故?ヴィルシーナ内田博幸はヴィクトリアマイルを勝ったのか?
それは、ジェンティルドンナが強いということを証明するための表の理由。

「ダービー」がテーマの今シーズン、ゴールドシップは絶対に勝たせて貰えない。
......というシナリオ。
Tvcm

Cm

確かに、手を出したら火傷しそうだ(笑

では、オルフェーブル回避で浮かび上がるのは、
去年のダービー騎手に因る3冠馬やダービー連対馬!?

はたまた、3冠騎手
Photo_2

百獣の王・武井壮さん → 武豊
忘れがちな4強対決! 4番人気なら恐らくトーセンラー

ビワハヤヒデ
ダービー2着、天皇賞(春)1着 → 宝塚記念 1着

フェノーメノ
ダービー2着、天皇賞(春)1着 → 宝塚記念 ?着

オルフェーヴル
 ↓  ↓
フェメノ

まぁ、この辺くらいまでだろう。
まだ時間はある、考えよう。

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村

|

« 第54回 宝塚記念 解読その2 | トップページ | 第54回 宝塚記念 解読その4 枠順決定 »

宝塚記念」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです^^


○「百獣の王」と「百獣の記念撮影会」!
【対 象】 「アニマル柄のファッション」、もしくは、武井壮さんのトレードマークである「白いタンクトップ」を身に付けてご来場いただいた方


タンクトップ?


単9トップ・・なんてf^_^;


武井さん、トレードマークは・・「白のタンクトップ」なんですね?


「百」と「白」との関係?


百ー1=白・九九


9文字馬名の登録ありますが・・??、・、ひとまず正逆9番の組み合わせに期待!


…て、ことで出馬みて頭抱え悩むことにしますf^_^;

投稿: 岐人 | 2013年6月17日 (月) 23時20分

お久しぶりでございます。
こんばんわ。

プレゼンターの武井壮さん
TVCM宝塚記念には、110回天皇賞・秋を勝った、ネーハイシーザー(百十の王)4枠6番で、ビワハヤヒデは5馬身差の圧勝。
馬レター、名馬がつなぐ物語ハギノカムイオーも5馬身差の圧勝。
それに白いメンコ。

FBにスカイツリーで、須貝。
今日のFBには、一頭が芦毛。

Gallopには、三頭のお尻が…
ゴールドシッ(屁)プなんて(汗

ゴールドシップが頭から離れません。
早く枠が出ないですかね。

投稿: モミアゲ | 2013年6月18日 (火) 21時54分

天皇賞春より楽しく拝見させていただいてます。
前半戦の締めということで、少しだけ書かせてください。

CM中の「真の強さはスリルすら拒む」→オルフェーブルが回避
は偶然なんですかね?。おそらく出走してたら、ダービー時のキズナの
ようにぎりぎりで差し切り(スリル)していたかも。

(余談ですが、その後の「灼熱のグランプリへ」の一言は、今年は
凱旋門賞ではなくドバイ行きに変更ですか?と勘ぐります。これは
ダービー時のCMに出てきたウオッカもドバイに行きましたし、
ウオッカ同様に鼻(肺)出血したということも何かの暗示の気がします)

話が逸れましたが、
CM中否定的な言葉を置くフレーズが使われているのが気になります。
「重圧でなく自信だった」とか「あるいはその逆か」とか。
これはダービー時のCM中の「勝てるのか?本当に勝てるのか?」や、「一生に一度の」、
更には別CMにも出てくる「その闘いに~その闘いに」「熱く、熱く」「~ようこそ。~ようこそ。」と
しつこいぐらいに畳語を置いた時と似ていると思います。
結果的にゾロ目(1枠1番)のキズナが勝った訳でして。
(これ以外に馬・枠でゾロ目は存在しなかったですし)

同じくCMでの「148,768」という数字と「五馬身差の余裕」の一言。

素直に枠番として1,4,8,7,6,(8)で選んでも面白いですが、
11頭立てになり、上記6数字を枠番の羅列として除外すると
(8がかぶっているので馬番ではなく枠番として考察)残りは"五"頭。
つまり、残った『枠番の2,3,5,6,7で馬券構成』ですかと。
(但し馬的には6枠7枠×各2で7頭の候補なので、更に絞り込み要ですが)

もうひとつの考えとしては、
ビワハヤヒデの時の2着がアイルトンシンボリ。
ブラジル生まれのセナが事故死した時です。
今年はサッカー(コンフェデ杯)がブラジルで開催中ですし、サインかなと。
ちなみにコンフェデ(confederation)と自信(Confidence)、
意味こそ違えど似たような語感なのは気のせいですかね?

とするとグループ同枠のブラジル、イタリア、メキシコ、日本。
国旗色にすると白赤青緑黄で『1,3,4,5,6枠での馬券構成』とか?
もっと言えば予想順位まで考慮して(4,5,6)-(1,3,6)-(1,3,6)で決まりとか?

また、イタリアといえばデムーロ。とするとローゼンが穴になりそうな?

二つの『』での馬券推理、枠順確定後も悩みそうです。

後、暗号とは直接関係ないですが、
オルフェーブルで取り損なった池江厩舎としては、是非とも
ダノンバラードに馬券絡めて欲しいところなのでしょうが、
主戦騎手と呼べる騎手がいないので、今回の乗替騎手には要注意だと思います。
騎乗経験のある福永とかだとひょっとして・・・みたいな。


駄文長文失礼しました。
当日までの更なる考察、楽しく拝見させて頂くことにします。
頑張って下さい。

投稿: 甘 | 2013年6月19日 (水) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586946/57606572

この記事へのトラックバック一覧です: 第54回 宝塚記念 解読その3 危険な人気馬:

« 第54回 宝塚記念 解読その2 | トップページ | 第54回 宝塚記念 解読その4 枠順決定 »