« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の11件の投稿

2013年4月30日 (火)

NHKマイルカップ

先日の青葉賞でレッドレイヴン内田博幸騎手は、
何故1番人気で負けたのか?

翌日、ゴールドシップで春天を勝つのなら分かるが、
春天で負け、その前日でも1番人気で負け。

29日(月)の振り替え競馬
福島メイン 福島中央テレビ杯
5枠09番コウヨウアレス  内田博幸 1人気 2着

実に3日連続1番人気で1着無し。

これは、今週1番人気が予想される内田騎手のバッドニュース的状況。

1番人気のバッドニュースは買い!
エイシンフラッシュも無事に仕事をして帰ってきたのだし、
今週のエイシントップは信用できそうだ。

逆転の可能性があるとすれば、コノ馬しかいない。

5月5日は子どもの日
   投稿者:サケダイスキ   投稿日:2013年 4月29日(月)20時50分25秒    返信・引用   

   イベント
○「子どもの日」ハッピープレゼント 【5月5日(祝・日)】
 「子どもの日」には、家族みんなで競馬場へ行こう!
【時 間】 開門~
【会 場】 日吉が丘付近特設ブース
【内 容】 先着1,000名の小学生以下のお子様に、お菓子の詰め合わせをプレゼントいたします。なお、保護者の方にお子様の人数分のお菓子をお渡しいたしますので、必ず保護者の方のご同伴をお願いいたします。
協賛:日清製粉グループ

50過ぎの酔っ払いジジイも子どもの気持ちになれば、

モグモグパクパク は買える。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

第147回 天皇賞(春) 回顧

う~ん、何でフェノーメノを本命にしなかったのか?

やっぱり、内田が前日1番人気を裏切って、
当日も静かだったから。

ていうか、全体の雰囲気、ムード。
3冠馬が順調に出てきて1番人気、みんなが本命。
中々切るに切れない。

実は、去年もビートブラックを前日まで本命にしていたのに、
当日になって、押さえどころか、消してしまったのだ。

その教訓はとりあえず活かされた。

しかし、3枠から6,7枠押さえて1枠買わないって、
THE LEGEND&G1 DREAMの法則 その2 が邪魔したんだけど、
相変わらずヨッパライの馬券下手^^;

Photo_2Photo_3








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

第147回 天皇賞 (春)

昨日は一日中静かで、更に青葉賞を1番人気で歩いた内田博幸騎手。
神様のやることはいつも同じ。
露出したサインが少なく感じるのは他の馬を買わせるためか。

4/25(木)の書き込み
指標馬:トー船ラー →ゴールド船
皐月賞4枠08番内田博幸 不発
4枠2頭の前走、前々走は内田博幸
サンデー競馬必勝塾:何故か当日は行われない。
4枠はサンデーレーシングクラブのサンドイッチ。
しかし、ヨッパ的には今のところ「無印良品」。

内田騎手
最終レースにも騎乗なら、やはり外せないのだろう。

4/22(月)の書き込み
○チャリティーゼッケン販売
一部ゼッケンにはジョッキーのサイン入り!さらに重賞ゼッケンもご用意しました!
04130301_03_2

ダークシャドウのゼッケン「1」
2012,2,12 第105回京都記念
1着:3枠03番トレイルブレイザー 武豊
2着:1枠01番ダークシャドウ   福永祐一  1人気
3着:8枠09番ヒルノダムール   藤田伸二

ここでも「1番」

多分「1番」はいらない。
勘だけど^^;

今年の京都記念を見てみれば、
1着:8枠11番トーセンラー    武豊
2着:1枠01番ベールドインパクト 小牧太
3着:8枠10番ショウナンマイティ 浜中俊

5着:4枠04番ジャスタウェイ 内田博幸 須貝尚介 1番人気

何故か1番の2着も気になるが、
5着はもっとキニナル。

4/22(月)の書き込み
さて、天皇賞。

       優勝馬                 1番人気馬
2003 6枠11番ヒシミラクル      7人気   6枠12番ダイタクバートラム    3着
2004 3枠06番イングランディーレ 10人気   7枠14番リンカーン       13着
2005 5枠10番スズカマンボ     13人気   3枠06番リンカーン         6着
2006 4枠07番ディープインパクト   1人気   ←

2007 3枠06番メイショウサムソン  2人気    4枠08番アイポッパー      4着
2008 8枠14番アドマイヤジュピタ  3人気   8枠13番アサクサキングス    3着
2009 1枠02番マイネルキッツ   12人気   8枠17番アサクサキングス     9着
2010 6枠12番ジャガーメイル     2人気    2枠03番フォゲッタブル       6着
2011 1枠02番ヒルノダムール    7人気   5枠09番トゥザグローリー     13着
2012 1枠01番ビートブラック     14人気   8枠18番オルフェーヴル      11着
2013 ???

ヨッパが競馬から少し離れだした頃から、
まるでレースそのものが変わったような馬名顔ぶれ、人気。
その中で、唯一それらしい馬が人気に応えたディープインパクト。

今年のテレビCMは、そのディープインパクト。

だから、1番人気馬は信用できるっていうのか?
それとも例年のように伏兵か?

フローラS、デニムアンドルビー内田はゴールドシップと同じ走りやっちゃいましたが、
↓1番で無ければ、1番人気ってことかも。

Jrahp


1番でも1番人気でも無ければ、ブラックか?

4/26(金)の書き込み
取って置きは7枠。 特に15番高倉

指標馬:エジプト神話の太陽神 武豊 =神武天皇(初代)

           ↓ ↓
7枠15番高倉 稜 → 高倉天皇(第80代)

第80回ダービーがテーマならこいつは絶対に外せない。

そしてこの高倉騎手は、
今週「絶好調宣言」をしていること。

誰も気にしないマイナー騎手の発言、無視できない。

4/24(水)の書き込み
エアグルーヴといえば秋の天皇賞の勝馬。

1着:6枠12番エアグルーヴ    武豊
2着:4枠07番バブルガムフェロー 岡部幸雄
3着:1枠01番ジェニュイン    田中勝春

武豊、1番が目立ってきました。

12番といえば、こんなのもありました。
0016959m

「芦毛」or/and「12番」か?

テレビCM ディープインパクト
「全世代の頂点へ。」

全世代の頂点とは、
ディープインパクトと同期、
最高齢馬11歳の11番トウカイトリックのこと。
しかし、さすがにこの馬ではないだろう。

4/24(水)エアグルーヴ死亡のニュース。
エアグルーヴの天皇賞といえば、
1997年秋 6枠12番エアグルーヴ 武豊 1着

6枠11番トウカイトリック 最高齢馬11歳
6枠12番フォゲッタブル (母:エアグルーヴ)

新聞広告(エリモジョージ)
> 不慮の火災に遭った仲間の馬のために、
> また仲間たちから力を得て、走ったのだと思う。

亡くなった母のために、
母の力を得て、走るのだろう。

この馬、過去十数名の騎手が乗っているが、
今回は何故か、一度も乗ったことのない和田竜二
6枠12番フォゲッタブル 和田竜二

前日京都メイン
7枠12番スカイリュウホー 着外

前日東京メイン(青葉賞)
6枠12番アルヴェロン(ロン=龍) 着外

当日東京メイン
6枠外11番田中勝
7枠12番三浦

売れない枠のために、神様は罠を仕掛けてくる。
去年のジャパンカップの3枠、見事に嵌められた。
二の舞か?

単複は当初の予定通り、
しかし、ゴールドシップを信じて本命は4枠代用品から

◎4枠07番アドマイヤラクティ
○3枠06番フェノーメノ     ←単複少々
▲1枠01番トーセンラー
△6枠12番フォゲッタブル
△7枠15番カポーティスター

枠連メインに馬,W少々
○から6枠、7枠も押さえ

注4枠08番ゴールドシップ
注8枠18番ムスカテール
注2枠03番デスペラード

注は3連に入れるか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

天皇賞(春)枠順を見て。

3枠06番には願ってもない馬が入った。
(皐月賞のときもこの書き出しだった^^;)

3枠06番フェノーメノ(怪物)

高松宮記念
3枠06番モンストール(怪物)

うまレター、「夢の皐月賞」とテレビCMの一致。
3枠06番ディープインパクト

皐月賞、柴田善臣の腰痛での乗り替わり。
3枠06番田中勝

イベント:サンデー競馬必勝塾
何故か天皇賞当日には行われない。

何故か?
答えは簡単。

「サンデー競馬必勝」は当日現場で行われるから。

ゴールドシップ
今のところ、「無印良品」ということでどうでしょうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

皐月賞 回顧2

今頃気が付いた。

中山グランドジャンプ
4枠07番ウォークラウン

JRA・HPのコピー
三冠ロードの最初の一戦!

こんな風にも読める馬名。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

皐月賞 回顧

モチベーションが下がったのは、中々読みきれなかったからだろう。
1着馬を外して予想しているのだからまとまるわけが無い。
少額で済む競馬で良かった。
水曜日の時点では1番に突っ込む予定だったから。

パドックでは1番も12番も???
14番or15番が買いであった。

レジェンドの法則は、隣では無く、
「自信or隣」になってしまった、網は広げたくなかったがしょうがない。

TVCMも無く、ゲスト、プレゼンターもいないG1は高松宮記念と同じである。

ゲストスターのいないときには、
人気馬がスター替わりっていうことか。
そういえば、指標馬はスター馬名だった。

高松宮記念 
1着:ロードカナロア   1番人気
2着:ドリームバレンチノ 2番人気

皐月賞
1着:ロゴタイプ   1番人気
2着:エピファネイア 2番人気

ということは、
プレゼンター市川海老蔵の来る天皇賞(春)は荒れる!
Itikawa_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

第73回 皐月賞 予想

当初メイケイペガスターから勝負しようと思ったが、
時間が経つにつれテンションが下がってきた。

先ずは、中山グランドジャンプの結果から、
6枠12番が俄然怪しくなった。

6枠11番メルシーモンサン
6枠12番ブラックステアマウンテン  1着

共に「山」である。

皐月賞の6枠は、
6枠11番クリノヒマラヤオー
6枠12番コディーノ     横典弘

共に「山」である。

では、2着枠は、
5枠09番リキアイクロフネ 金子光希 2着
5枠10番ゴールデンガッツ

共に「金」だろうか?
皐月賞の「金」は、
6枠11番キングカメハメハ
6枠12番キングカメハメハ
7枠13番金子真人 キングカメハメハ 
7枠14番
7枠15番金子真人

金子光希なら金子真人の7枠か。

7枠なら、優駿のジェニュインとも繋がる。

1枠はこじつけるなら、
01番 江田勇亮(ゆうすけ)
    ↓
01番 藤岡佑介(ゆうすけ)

どうも弱い。

競走中止
5枠、1枠、6枠、これも意味深。

更に、前日腰痛で乗り替わった柴田善臣が今日も乗り替わりで、
皐月賞では田中勝春。
レジェンドの法則からロゴタイプの隣は馬券圏内と思っていたが、
まさか桜花賞と同じことはやらないだろうと思うが。
余計に分からなくなってしまった。

ハイセイコーや「颯」の謎も解けていない。

これでは勝負出来ないが、印を付けるなら、

◎1枠01番メイケイペガスター  単複
◎6枠12番コディーノ
○7枠15番カミノタサハラ (14番かも)
▲3枠06番ミヤジタイガ
△5枠09番サトノネプチューン

とりあえず、1枠からの馬券なら少額で済むから、
1枠から枠連、3,4,6,7枠厚めに総流し。

後は、コディーノに買い目があるのかパドックをみて判断。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

皐月賞枠順を見て。

1枠01番には願っても無い馬が入った。

メイケイペガスター

高本式 天体馬名。

指標馬としては、馬名頭文字「メ・イ」の自己指名。
対面には同じ兄弟騎手の「兄」。母の名は、クラスター
今週から「名古屋競馬場」でJRAの馬券が発売されるのもプラス材料。

TVCM「ディープインパクト」は、
小彗星が地球に衝突する映画。
天体、星は大事にしなければ。

問題は、相手。
3枠、7枠、そして5枠か。
ロゴタイプの隣なら3枠or4枠か、まっコレは3着もありかなと。

本当は、去年奇数枠同士だったので偶数枠が良かったのだが...

もう少し考えよう。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

第73回 皐月賞

1回福島1日目5R
1枠01番エイティグローリー 1番人気 丸山元気  競走中止(ゴール前落馬)

何とも今年に相応しい素晴らしい馬名である。
丸山元気→乗り替わり C.デムーロ 桜花賞優勝
命懸けのパフォーマンスがコレだけで終わるはずがない。

問題の「01番」は使われていない。

「うまレター」、プレイバック皐月賞
第48回 皐月賞 優勝馬
1枠01番ヤエノムテキ 西浦勝一 (栗毛)←ちょっと気になる

桜花賞
1枠01番藤田伸二
皐月賞のポスターの書家は「藤田幸絵」
「幸絵」は今現在何とも言えないが、何かあるはずである。
それと、ポスターの14番は使われたが、芦毛は使われていない。

忘れてはいけない最終レースは予告編。
2012年皐月賞の後の最終レース。
1枠01番アロマンシェス 出走取り消し

イベント、「ジョッキーバトル」
帽子は「白」
Photo_4
先ほど、掲示板で拾ったコレ。
One_piece_2
ONE PIECE
「1はV」ってことで。

そういえば、ギャロップの裏表紙
Gallop

さて、
枠順は抽選というが、01番に入る馬は果たして何か?
非常に興味深い。

ヨッパは、酔っ払い序でにこの先も書いちゃう。
ポスター&入場券の先使い、後使い。
Picsplay_1365555706699_2 Photo_3

桜花賞で皐月賞の「7枠14番」を先使いしたのなら、

皐月賞で桜花賞の「5枠10番」を後使いしても何ら不思議はない。

そうすると、非常に都合がいいことが。

イベント
○ジョッキーと行く!中山グランドジャンプツアー
 障害コースをジョッキーがご案内いたします!普段味わうことができない障害コースの迫力をこの機会にぜひ!

【日 時】 4月14日(日)【皐月賞(GI)当日】
16:25~

皐月賞前日のレースなのに、
皐月賞終わって、勝った人は早々に飲みに、

最終レースも終わって負けた人は首をうな垂れ帰途へ、
さて、誰が参加するの?

出目に注意か?
ヨッパ的には、「第15回」に注目したい。

枠連:1-5

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

第73回 桜花賞 回顧

> ◎7枠13番クロフネサプライズ
> ○3枠06番ローブティサージュ
> ▲3枠05番ウインプリメーラ
> △4枠07番アユサン
> △8枠17番コレクターアイテム
> 特注1枠01番ストークアンドレイ

2着馬の秘密の馬は14番の露出が多過ぎかな?と思ったのと、
クロフネサプライズと同枠になった為、安心して切ってしまった^^;

ローブティサージュと5番は、今年のG1の法則とテスコガビーの3枠。

アユサンは、丸山騎手の命懸けのパフォーマンス。
テスコガビーの「7番」。
ポスターの書家(丸山茜葉)。

8枠は前日の「メイショウ祭り」から消しても良かったが、
ハナズゴール 浜中俊 1番人気 4着
エーシントップ 浜中俊 →乗り替わり 内田 1着

浜中俊が損したカタチがちょっと気になったので押さえ。

1枠は、丸山騎手のパフォーマンスから、来たときに後悔しないように。

 

結果!

サインよりヨッパの不安が正しかったレース。

テスコガビーの今では有り得ない「3枠07番」は、
有り得ない丸山元気騎手の命懸けのパフォーマンによる乗り替わりの「07番」。

秘密の馬は、高松宮記念の隠れた12番とは裏腹に露出多過ぎの「14番」。
しかし、パドックでは13番or14番であった。
海豚さんの14番一押しなら押えなきゃ。

TVでは武兄弟の対決を強調ならデムーロ兄弟の馬券は買いである。

日付4月7日 → 枠連4-7

施行回数73回±1 → 7-14

押さえなければいけない馬券。

枠連だけで充分だった。
ひょっとしたらミラクル馬券が近づいている(笑

2013_3 2013_4

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

第73回 桜花賞

テスコガビーも驚く大逃げか!?
   投稿者:サケダイスキ   投稿日:2013年 4月 5日(金)14時03分28秒    返信・引用   

   7枠13番クロフネサプライズ

施行回数作戦、第73回にて7枠13番。
指標馬作戦からはクロフネ、芦毛。
裏指標馬の武幸四郎。
対面作戦は、阪神JFの連対馬。
両サイドの外国人騎手。
真っ赤な太陽のサンドイッチ。

ギャロップの表紙はまんま。
JRAの有料カレンダー。

出るわ、出るわ、これでもか!って言うくらい。

でも、不安ばかりで食指が動かないのは何故だろう...?

普通なら間違いなく◎である。
しかし、何故か不安が....。

そう、これが神様のやり方。
圧倒的1番人気馬を3週連続勝たせて、そろそろ1番人気馬もヤバイ頃?
3倍近くの1番人気ならマジ危ないだろう、と思わせる。
阪神JFを15番人気で2着、チュウリップ賞3番人気で1着と、
強い馬らしく1番人気で勝ってきた馬でないところが更に不安を増すところである。

何回も経験している。

ヨッパの法則!
「人気薄の1番人気は買い!」

◎7枠13番クロフネサプライズ
○3枠06番ローブティサージュ
▲3枠05番ウインプリメーラ
△4枠07番アユサン
△8枠17番コレクターアイテム
特注1枠01番ストークアンドレイ

秘密の馬(レッドオーヴァル)は入らなかった。
酒のクラウンロゼも3歳は古馬とのレースで斤量の恩恵を受けるのだから、
まだ成人とは認められていないのだろう。
まっ、パドック見て判断しようと思う。

TVCMから有り得ない3枠07番。
2回、3回なら時々見るが、4回連続「07番」これが有り得ない「07番」。

相手も「3枠」。

施行回数73回 これが答えということで。

あとは、丸山元気の命懸けの名演技?これがどうでるか?

手広く遊んでみる。

勝負するレースではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »