« 第57回 有馬記念 | トップページ | 大事なこと。 »

2012年12月17日 (月)

朝日杯フューチュリティステークス 回顧

◎3枠05番コディーノ
○4枠08番クラウンレガーロ
▲2枠03番ゴットフリート
△5枠10番ワキノブレイブ
△6枠12番フラムドグロワール
△3枠06番ラブリーデイ
☆4枠07番武豊

友引で藤沢和雄やゾロ目はいいが、
ナゼ、指標馬の5文字馬同士ってのを考えなかったのだろう。

テンポイントからロゴタイプの発想は真っ先に考えなきゃいかんし。

通常、前日中、悪くても当日昼くらいには考えは決まって固まっている。
新たな情報があっても中々考えを改めることは難しい。
しかし、シッカリとした軸馬であれば、ヒモを買い足すことは可能だ。
その多くは飛び込み自殺っぽくキズを深くするが、時に滑り込みセーフってこともある。

パドックにて
7枠13番ディアセルヴィスの厩務員がオカシイ。
前後を含め12番、13番、14番に注意である。

井崎脩五郎の予想
オモテ:◎コディーノ 嫌なカンジ。
更に、パドックではディアセルヴィスが良く見えると。

12番の馬体重の増減は唯一の「0」
これは、ジャパンカップダートのニホンピロアワーズで使用済み。
13番は逆循環17番人気ならば、やはり同居馬の14番。
7番人気と知っていればもう少し注意もしただろうに。

とりあえず、
今回は、滑り込みセーフ!
Fs

|

« 第57回 有馬記念 | トップページ | 大事なこと。 »

朝日杯FS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586946/56336962

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日杯フューチュリティステークス 回顧:

« 第57回 有馬記念 | トップページ | 大事なこと。 »