« マイルチャンピオンシップ | トップページ | 第32回 ジャパンカップ 回顧 »

2012年11月24日 (土)

第32回 ジャパンカップ

秋番組表を手にして今年のジャパンカップが最終レースと知った時、
今年は8枠だと決め付け、更に大外と。

8枠17番オルフェーヴル 大外

春天皇賞と良く似た枠順。

追い切りで急激に斜行、ヨレても4馬身先着。

表の理由として、また阪神大賞典や春天のようなことが、と思わせる。

流石の酔っ払いも四半世紀サイン読みやっていれば学習もする。
人気馬のBad newsは買い。

オルフェーヴル 連対 おめでとう。

以下、掲示板のカキコミを参考にしています。
誰それのは省略していますので、あしからず。

全メンバーを見渡しても世界を語るにはどうかと。
人気で凱旋門賞2着のオルフェーヴル以外は「屁」みたいな馬のドングリの背比べ。
そのオルフェーヴルも表の理由作ってドングリの仲間入り。

果たして世界戦に相応しい馬は?
世界最強を語るのに無視できない馬がいる。
その馬の名は、フランケル!

さて、TVCMから
「見える、見えない」「写っている、写ってない」等々の、
バージョンは多々あるが、すっかり定着してきた「アル、ナイ作戦」。

CMでは、枠連ゾロ目の2-2や、タイム2,22,2やら
1,2着や「2」ばかりをアピール。
実は、写っていない馬に最大のヒントが!
さりげなく「3分」とか、「3」を強調。

そう!3着馬だ。

その馬の調教師の名は、フランケル!
いたーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

3着:8枠14番 ペイザバトラー 調教師フランケル
馬名も何とも世界決戦に相応しい?
実は、この馬前年も8枠16番(大外)で優勝している。さすが無敵フランケル!

そしてこの画像は1,2着で8枠の染め分け帽を暗示。
Jra11241

クリスタル ケイ ちょっと調べてみたら、
馬クリスタルケイに岡部幸雄が乗っている。
過去2回の最後の騎乗が8枠13番大外。

誰も反応してくれなかった、Glamorous Cupの第三戦「サンタ記念」。
最初のレース、酔っ払いのパソコンでは、
1着:8枠ラブイーター サヤカ

以上!8枠当確!

さて、その相手は。

まずは、TVCMの気になる「事件」
事件とは「ヤマ」。

マウント or フジ

「ヤマ」の犯人とは、
0112011_2


「ホシ」決まった!
この勝負服、これにも似ている。
10210201_01

> サラブレッドの生涯の半分は、子孫繁栄ですから。
> 本当の意味での「BORN TO RUN」は、セン馬。

2頭しかいないセン(戦)馬の同居。

グラマラスカップ
> 第三戦「サンタ記念」

久しぶりに使うかもしれない。
> エイシンアポロン号が競走馬登録抹消 写真のゼッケン05番 の一発!
112102

> ワ-ルドスーパージョッキーシリーズ(WSJS)で、世界の一流ジョッキーが東京競馬場に集結する。
> 馬じゃなくて人を見ろか!?

北島康介
アテネ、北京オリンピック連覇の金メダリスト。
ロンドンのリレーで手ぶらで帰ってこなかった。

エリ女 2連覇も、今年来日も乗り馬なし。
武蔵野Sなんて銅メダルにも足らない。
「ムーアに手ぶらで帰らせるわけにはいかない」。

> 終りを告げる馬名騎手名馬主名を探している。
> ん? JCがラストランの馬がいる?

そう、ラストランは田面木博公騎手。
ラストランは(土)東京2R 3枠05番
その同枠馬が、又してもムーア!

そして、このポスター!
Jra11232

もう、ほとんど答え。

サンデー vs レッドなマウント

これも答え
> こんなん出ました^^
> (帽子の色がピンクに見えますが^^;)
112102_2

更に答え
今月のJRAのカレンダーは、
8枠大外のムーア!

年度代表馬を考える。

> ジェンティルドンナ GI3勝(桜、樫、秋華)

> ゴールドシップ   GI2勝(皐、菊)
> 有馬好走が条件。

> おそらくこの2頭のどちらか?

> そこに
> オルフェーブル 宝塚、凱旋門賞2着
> が、JCと有馬を勝てば、いや1つでも内容次第で有りかも。

> ひょっとして、
> エイシンフラッシュ 天皇賞(秋)
> が、ココと有馬を勝つ?
> 可能性は低いか。

> 酔っ払いは、初の牝馬3冠馬の史上初の年度代表馬に期待したいが。

週中、こんなことも考えていたが、

考えられるストーリーは、
オルフェーヴルが日本馬最先着。
ドンナがそこそこの好走。

これがベスト。

有馬記念では、オルフェーヴル、ジェンティルドンナ、ゴールドシップ、
この3頭が三つ巴で、有馬記念の結果次第というシナリオが有馬記念を盛り上げるし、
馬券を売るにしてもこれが最適だろうと思う。

先日はドンナ優勝と思い前祝。
しかし、呑みながら考えたのがコノ答え。
オルフェーヴルが17番の理由は、京阪杯の施行回数。

第57回、さぁ皆さん声をだして、はい!「ゴ・ジューナナ」
5-17これが第32回ジャパンカップの答えだと思う。

◎あくまでも連軸の◎で限りなく○に近い8枠17番オルフェーヴル

○限りなく◎の3枠05番マウントアトス ムーア 単複はコレ!

▲他15頭

Good Luck!

|

« マイルチャンピオンシップ | トップページ | 第32回 ジャパンカップ 回顧 »

ジャパンカップ」カテゴリの記事

コメント

つまらん
有馬記念の展望も曖昧だし
ジェンティルに思いをはせたなら「ゴ・17」の発想は敬服するとして

限りなく◎って本命じゃないですよね。

投稿: | 2012年11月25日 (日) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586946/56183255

この記事へのトラックバック一覧です: 第32回 ジャパンカップ:

« マイルチャンピオンシップ | トップページ | 第32回 ジャパンカップ 回顧 »