« メイクデビュー東京(新馬戦)を考える。 | トップページ | 第53回 宝塚記念 »

2012年6月15日 (金)

「小島 茂之調教師からの不服申立て」について考える。

JRA HPより

第3回東京競馬第4日(6月10日(日))第8競走において、走行妨害の申立てを棄却されたランパスインベガス号の小島 茂之調教師から、日本中央競馬会競馬施行規程第150条第1項の規定による不服申立てがありましたのでお知らせいたします。
 なお、不服申立ては、近日中に裁定委員会において審理されることとなります。

裁定結果により当該競走の払戻金が変更になることはありません。


6月12日(火)付をもって小島 茂之調教師から提起された不服申立てについて、裁定が行われましたのでお知らせいたします。

--------------------------------------------------------------------------------
1.不服申立人

調教師 小島 茂之

2.不服申立ての内容

 第3回東京競馬第4日第8競走における走行妨害の申立てを棄却した裁決を取り消す、との裁定を求める。

3.裁定委員会における審査

 6月13日(水)に裁定委員会が開催され、不服申立人及び当該裁決に係る裁決委員からの意見陳述並びに当該競走のパトロールビデオの検証が行われ、裁定が下された。

4.裁定

本件不服申立ては、これを棄却する。

5.裁定の概要

 申立人からは、ランパスインベガス号は2着が3着に着順が変わってしまうほど大きな被害を受けており、ファイナルフォーム号が決勝線手前で急に同馬の進路に入ってきたことは明らかに走行妨害であるとの主張があったが、(1)「加害・被害に直接の関係を有しない馬との着順の変更の可能性をもって被害の程度は判断されない。」(2)「被害馬ランパスインベガス号は決勝線に到達するまでの約2完歩の控えであり、その被害の大きさから競走能力の発揮に重大な影響があったとまでは認められない。」とされ、走行妨害の申立てを棄却した裁決は相当と認められた。

問題のレース 6月10日
3回東京4日目 8R 3歳以上500万以下 芝1,600m 定量

1着:7枠14番 ファイナルフォーム  牡3 内田博幸  堀宣行 1人気
2着:5枠09番 ヒラボクインパクト   牡4 北村宏司   国枝栄 4人気  
3着:8枠15番 ランパスインベガス  牡4 松岡正海  小島茂之 5人気
      

8Rにおける制裁
14番ファイナルフォーム号の騎手内田 博幸の決勝線手前での急で大きな外側への動きは、危険な騎乗に該当すると認めたため、6月16日(土)から6月17日(日)まで騎乗停止となりました。
※ なお、15番ランパスインベガス号の調教師から決勝線手前での14番ファイナルフォーム号(内田 博幸騎手)の進路の取り方について走行妨害の申立てがありましたが棄却いたしました。


内田 博幸騎手 JRA通算600勝達成!
8Rで、14番ファイナルフォーム号に騎乗し第1着となった内田 博幸騎手(美浦:フリー)は、中央競馬史上63人目、現役27人目のJRA通算600勝を達成しました。
コメント : 無事に達成できて良かったです。1,000勝するつもりで700勝、800勝と積み上げて行きたいです。
 

この制裁で内田博幸は無事に宝塚記念に出走できるのだが、
ここでケチは付いたが、600勝のお祝いをやったのだから、
ダービーと同じことはやらないだろう。

注意すべきは枠や馬番か?

問題は、いちばん馬鹿をみた(演じた) 小島茂之調教師
今後のビッグレースで注意したい。

お返しっていうか、見返りがあるのではないだろうか?
G1史上最高配当を演じた立役者なのだから。

2008年 10月19日(日)4回京都4日
第13回 秋華賞 (JpnI)

1着:2枠04番ブラックエンブレム  牝3 岩田康誠  小島茂之 11人気
2着:1枠01番ムードインディゴ   牝3 福永祐一  友道康夫 8 人気
3着:7枠15番プロヴィナージュ   牝3 佐藤哲三  小島茂之 16人気

3連単:4-1-15  10,982,020円

|

« メイクデビュー東京(新馬戦)を考える。 | トップページ | 第53回 宝塚記念 »

その他レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586946/54963882

この記事へのトラックバック一覧です: 「小島 茂之調教師からの不服申立て」について考える。:

« メイクデビュー東京(新馬戦)を考える。 | トップページ | 第53回 宝塚記念 »